神戸でのリフォーム・雨漏り修理の施工事例|家づくり職人 ひのきや

Works
リフォーム施工事例

神戸市北区にて 〜凍結水道管の工事〜

本日は神戸市北区にて、水道管の工事を行いました。

 

1月の寒波で水道管が凍りつき、水もお湯もまったく出なくなった状態です。

全国的な寒波により凍結防止用水道部材の欠品が続いていたのですが、ようやく部材が入ってきましたので、本日工事をすることが出来ました。

水道管工事 水道管工事 水道管工事 水道管工事 水道管工事

 

まず、給湯器側の保温材をめくります。凍結防止ヒーターを水道フレキに巻いていき、その上に保温材を被せます。そして最後に保温力の高いアルミテープを巻きました。

 

 

屋外にある洗濯機用の水道管も同じ施工を行いました。

お台所の水も出なかったので、既設の蛇口を外し、凍結防止用水洗金具を取り付けました。

 

 

水道管が起こりやすい場所として、

・水道管がむき出しになっているところ (給湯器に接続している配管等)

・水道管が戸外や北向きの日陰にあるところ (散水栓、湯沸かし器の元栓等)

・北向きにある水まわり (洗面所やトイレの蛇口等)

が挙げられます。

 

普段からできる凍結の対処法としては、「保温剤の取り付け」や「水抜き」などがありますが、いざ凍結してしまい使えなくなってしまった時は、早めに業者に連絡をしましょう。

 

この度はひのきやをご用命くださいまして、誠にありがとうございました。