神戸でのリフォーム・雨漏り修理の施工事例|家づくり職人 ひのきや

Works
リフォーム施工事例

神戸市長田区にてベランダ雨漏り修理工事

先日、神戸市長田区にて行ったベランダの雨漏り修理工事の様子をお届けいたします。

 

ベランダの軒天下、玄関ポーチからの雨漏りでした。

 

<修理の様子>

軒天材を新しいものに交換していきます。

続いて、ベランダの補修です。

こちらのベランダは防水塗装がすっかり剥がれてしまい、防水機能が大きく損なわれている状態です。

今回は、ウレタン工法の絶縁工法を行いました。

最近では、様々な防水工法でも採用されている絶縁工法。下地の影響を受けることが少なく、下地の状態が良好でない場合や水分を含んでいる可能性がある場合などに適している工法です。下地に密着していないため防水層の寿命が長くコスト削減に繋がります。

ウレタン絶縁工法は、下地に通気緩衝シートを貼り付けその上からウレタン防水材を塗り重ねる工法です。

通気緩衝シートは通気性能を持っているため、塗膜の膨れの原因で下地に含まれている蒸気化した水分を取り付けられた脱気装置から外部に脱気させることができるのです。

これで補修が完了いたしました。

また、今回は外壁サイディングの目地コーキングが何ヶ所かとれてましたので、サービスで補修させていただいております。

 

この度は、家づくり職人ひのきやにご依頼いただき誠にありがとうございました。

神戸でのリフォームは、家づくり職人ひのきやにお任せください!